案外高い壁の銀行カードローン

案外高い壁の銀行カードローン

銀行カードローンがどれだけ高いハードルで、申し込んでも利用が困難なのかを説明しますが、銀行というのは基本的絶対に返してくれる人じゃないとおカネは貸しません。

つまり今現在、返済財源が用意できている状態である人に対して融資を行いますので、今は手元にお金は無いけど、来月になれば全額返済できるという希望的観測は通用しないのです。という事は不動産や動産を担保として提供出来ないと基本的には融資は行いません。

ではなぜ銀行が無担保ローンに参入してきたかと言いますと、保証会社が債務保証をしてくれるためです。債務保証をしてくれれば万が一、銀行カードローンで貸付した資金が焦げ付いたとしても、その債務を保証会社がカバーしてくれますので銀行的には痛みはありません。という事は銀行カードローンの審査の要は申し込みしてきた個人ではなく、個人の貸付金を担保してくれる保証会社の信用しか見ていません

。言い換えるなら保証会社がOKを出せばその個人は貸出可能な顧客となります。いくら個人が銀行に対してゴマを擦っても、保証会社の回答一つで融資可否は決まります。

という事は銀行カードローンの融資を受けるポイントとして、如何にして保証会社の信用を勝ち取るかにかかってきます。申込の段階ではあまり表に出てきませんし、灰汁まで申込してきた個人と銀行の間でのやり取りに見えますが、実際は保証会社の回答次第で融資の可否が決まってしまうため、保証会社がどれだけ大きな存在なのかがお分かり頂けるかと思います。

外為ジャパンの口コミ