銀行カードローン申込出来る人

銀行カードローン申込出来る人

銀行カードローンを申込することの出来る人には一定の条件があり、その条件を満たさないと申込する事は出来ません。これを貸し出し条件といって多くの貸し金業者定めている条件になりますが、条件の根底に法令上の規定と社会道徳、貸金業者の慣例などを考慮した条件が根底にあります。従って多くの銀行カードローンが消費者金融などの貸出条件と重複するところもあります。

まず絶対条件として20歳以上で完済時に69歳以下である事、また日本国内に居住している勤労者であり、安定した収入が確保できる事が絶対条件となります。

ご存知のように銀行カードローンの貸出する源泉は預金者の預金です。その預金が焦げ付いてしまっては、銀行の信用問題に関わりますので、借りても良いが働いて返済出来る事が絶対的な融資条件なってきます。という事は20歳以上であれば大学生でもバイトして返済する事ができれば申込する事は出来るのです。

また日本国内に居住している事も重要で、返済できる環境にある事が必要なのです。

更に高額の銀行カードローン申込を希望されるのであれば、担保の提供も必要です。カードローンによっては500万円から1000万円程度のカードローンの申込をする事の出来るものもあり、銀行の審査基準によっては不動産の担保の提供を求めて来る場合もあります。

ただ銀行カードローンの申込をする上で一番大切な事は、日本で働いている事と未成年でない事が絶対条件になりますのでまずはこれを抑えておけば申し込みのラインには立てます。

外為ジャパンの口コミ