銀行から借入する精神的優越感

銀行から借入する精神的優越感

端的に言ってしまえば銀行カードローンを申し込んでも融資にたどり着くことは非常に難しいものがあり、誰もがほぼ無条件で新規借入の決済がされることはなかなか有りません。

という事は逆に言えば銀行カードローンを申し込んで利用する事が銀行から許された人というのは、銀行から信用されている事の証であり、それは実社会における社会的な信用にも直結します。社会的な信用があればそれはいろいろな場面で強い力を発揮します。

例えば飲食店で銀行が発行しているクレジットカードで決裁した時、その人は銀行のクレジットカードを持っているという事で店員の見る目が変わります。同様に銀行カードローンを利用している事で信用第一の銀行から信用されている人なのだという対外的なステータス性がこのカードにはあります。これによって自分自身が精神的な優越感を感じる事が出来る上、いざとなった時には銀行が助けてくれるという経済的な余裕が生まれます。

特に予め担保を提供している中で利用する銀行カードローンであれば、消費者金融のカードローンのようにいきなり引出し枠がクローズされることもありませんし、その担保を提供し設定された抵当権の範囲内でいつでも利用する事が出来ます。

銀行カードローンを利用するという事はそれだけ社会的信用のある人じゃないと利用できないわけで、それが与えられているというだけで実社会では特別な人という証でもあるのです。

外為ジャパンの口コミ