銀行カードローン申込審査基準

銀行カードローン申込審査基準

銀行カードローンの申込の特徴として、銀行独自の審査基準と保証会社の審査基準の両方があるのが特徴です。消費者金融やクレジットカード会社の場合、申込内容の審査をするのはその貸金業者単体で行いますが、銀行カードローンの場合は貸出を行う銀行の他に、債務保証をする保証会社の目も通す必要があります。

確かに貸し出しする金融機関と保証会社は債務の運命共同体であり、当然保証会社も申込内容に対して審査する権利があります。銀行カードローンの申込はこの銀行と保証会社ダブルの目を通す為、一般的には非常に審査が厳しいカードローンといわれています。

確かに銀行カードローンの審査基準の高さは、本当に貸す気があるのか疑問にも思えますが、貸付けする資金財源が預金者の預金という性質である以上は、絶対に貸し倒れにさせるわけにはいかず、また借りたらしっかりと返済できる人じゃないと貸出する事は許されないという明確な理由があります。

預金者の預金を貸出財源にしている訳ですから、返済しない無責任な人や返済できない無計画な人に対して資金の融通をすること自体が銀行の落ち度になるのです。これらのリスクを回避するために銀行は保証会社に債務保証を委託し、保証会社もしっかりと返済できる信用の置ける人物かどうかを審査のフィルターを通し判断する必要があるのです。

銀行カードローンの申込がどうしてそこまで厳しく、そして厳格なものであるのかといった理由がここにあります。

外為ジャパンの口コミ