一次審査と二次審査がある

一次審査と二次審査がある

銀行カードローンの審査には2つのフィルターがあります。ひとつは銀行独自の裁量で審査を行う工程と、もう一つは保証会社の裁量で行う審査の2つがあります。

ただ力関係で言えば保証会社の方が上である為、いくら銀行の判断で貸出可能と言っても、保証会社の判断で無理と言われてしまえばそれは無理になるのです。

ではなぜそういった事が起きるのかと言いますと、銀行はもともと担保付きの個人ローンに関するノウハウは持っていましたが、無担保個人ローンのノウハウは持っていませんでした。そこで無担保ローンのノウハウを蓄積した信販会社や消費者金融を保証会社に付けて事業を始めた経緯があります。

信販会社も消費者金融も無担保ローンに関しては非常にシビアな目を持っている事、また保有している個人信用情報も銀行では取得できないものが多い事から、融資可否の判断ができる材料の量からいって保証会社の方が圧倒的であり、融資可否の判断材料として彼らの判断が銀行の判断以上のものを持ちます。そのため銀行の裁量で行う審査と保証会社の行う審査では保証会社の審査の方が高い力を持っているのです。

では保証会社の持っている信用情報とはどのようなものになるのかと言いますと、CICと呼ばれるクレジット関係の信用情報を調査するネットワークと、JICと呼ばれる消費者金融系の個人信用情報機関があり、これらの信憑性の高い信用情報機関へ照会をかけ現在の債務総額と件数を正確な数値で導き出すのです。

外為ジャパンの口コミ