銀行カードローンの手堅い審査

銀行カードローンの手堅い審査

銀行カードローンの審査は融資する側の銀行としての裁量と、融資したお金を保証する保証会社側の裁量の両方の目を通すことになりますので、非常に手堅い審査となります。銀行は顧客の属性から自行のお客で既に融資が成されていないか?

また取引店の支店長決済で融資することの出来るプロパー融資を利用していないか?といった事をチェックし、それを通過したら今度は保証会社がその顧客が他社からどれだけ借入しているのかを個人信用情報機関等へ照会をかけ確認します。

その照会先はCICと呼ばれるクレジットカード系の個人信用情報機関とJICと呼ばれる主に消費者金融系の個人信用情報機関の2か所に照会をかけます。そしてそのから導き出された直近の他社からの借入件数と、借入金額を算出し正確な他社からの債務総額を弾き出します。

つまり銀行のフィルターと保証会社2つのフィルターを通すことになるわけです。これによって申し込んできたお客さんに対していくらまで融資する事が出来るのかを算出し「あなたに貸し出しできる金額はこの金額です」と与信の額を提示することになります。ところがこの額が思ったほどの金額ではない事が多く、なぜその程度の額しか利用できないのかと喰ってかかられる事もありますが、それがその銀行カードローンと保証会社が下した金額である以上、それが現実でありゆるぎない事実なのです。

こういったことから銀行カードローンはよく、融通が効かないとか審査が厳しいと酷評されますが如何せん、預金者の大事なお金を貸し出しに回している以上はどうしても審査は厳しくなりますし、無責任な融資はできないのです。

外為ジャパンの口コミ